交通事故の相談・慰謝料・損害賠償・示談・後遺障害 (神戸・兵庫・大阪)  行政書士福島法務事務所

 
交通事故SOS  
行政書士福島法務事務所
事務所について   お問い合わせ   TOPへ
 
交通事故被害者のために。
 
MENU
全国対応いたします。
メールでのお問い合わせ
 
重度後遺障害の方へ出張相談いたします
5つの安心をお約束します
相談料金について
今までの実例をご紹介
 
 
事務所の様子
 
行政書士 福島広三BLOG
 
事務所概要
 
  ごあいさつ
     
  事務所概要
     
  代表者プロフィール
     
  アクセス
     
  福島広三コラム
     
  事務所ホームページ
 
事務所概要
 
事務所概要
 
  事故原因の調査
     
  医療関係に対する照会
     
  後遺障害等級認定の異議申立
     
  自賠責保険請求書作成手続き
     
  政府補償制度の請求手続き
     
  損害賠償計算書の作成
     
  損害賠償額の異議申立作成
 
 
事務所概要
2つの事前検証について
 
事務所概要
 
お客様の声
 
 
参考情報
     
  損害賠償に関する専門用語解説
     
  交通事故に関するアドバイス集
     
  交通に関する専門用語集
     
 
参考情報
     
  交通事故後遺障害相談.com
     
  老人・高齢者の保証人代行
四つ葉のクローバー協会
     
 
 
 
 
実例集
弊社が実際に対応したケースをご紹介いたします。
INDEX
1 右膝関節捻挫兼挫傷(20代・男性) … 後遺障害等級 14級→12級へ
2 右膝関節捻挫兼挫傷(50代・男性) … 後遺障害等級 12級→10級へ
3 頚椎捻挫(30代・男性) … 後遺障害等級 非該当→14級へ
4 頚椎捻挫(40代・女性) … 書面による申請支援
5 右膝挫傷(20代・女性) … 後遺障害等級 14級→12級へ
6 左膝蓋骨骨折(40代・女性) … 後遺障害等級 14級→12級へ
7 右足関節脱臼骨折(30代・男性) … 当事務所で初回後遺障害手続き→10級
8 外傷性頚部症候群、バレリュー型(30代・男性) … 当事務所で初回後遺障害手続き→14級
9 脊髄減少症(20代・男性) … 後遺障害等級 非該当→14級へ
10 右下腿不全切断(40代・女性) … 異議申し立て+書類支援
11 左大腿骨転子部骨折(50代・男性) … 後遺障害等級 14級→11級へ
12 左橈骨遠位端骨折(30代・男性) … 当事務所で初回後遺障害手続き→10級
13 右膝内側半月版損傷(30代・男性) … 当事務所で初回後遺障害手続き→14級
14 右急性硬膜外血腫(20代・男性) … 後遺障害等級 非該当→12級へ
15 右肩関節唇損傷(30代・男性) … 後遺障害等級 14級→12級へ
16 両肩関節捻挫、頚椎捻挫(40代・男性) … 後遺障害等級 非該当→10級へ
17 左手関節捻挫、橈尺関節脱臼(40代・男性) … 後遺障害等級 14級→12級へ
18 反射性交換神経性ジストロフィー、右鎖骨術后 ほか(40代・女性) … 14級へ
19 外傷性左大腿骨神経不前麻痺(30代・男性) … 後遺障害等級 非該当→12級へ
20 左膝骨高原骨折(20代・女性) … 後遺障害等級 14級→12級へ
21 高次脳機能障害(70代・男性) … 後遺障害等級 2級→1級へ
22 左第5指手骨骨折(30代・男性) … 後遺障害等級 非該当→14級相当へ
23 第2第3中指骨基部骨折 ほか(40代・男性) … 後遺障害等級 非該当→併合11級へ
24 上腕骨近位端骨折(40代・男性) … 後遺障害等級 12級→10級へ
25 胸椎圧迫骨折、頚椎棘突骨折(30代・男性) … 後遺障害等級併合 11級→併合10級へ
26 右肩捻挫、術後RSD(40代・男性) … 後遺障害等級 非該当→併合10級へ
27 頸椎・腰椎椎間板ヘルニア(50代・男性) … 後遺障害等級 14級→併合12級へ
28 第一腰椎圧迫骨折(50代・女性) … 後遺障害等級 11級→併合8級へ
29 左肘頭骨折術後絞拒性神経炎(40代・女性) … 後遺障害等級 14級→12級へ
30 肩鎖関節脱臼T度(40代・男性) … 後遺障害等級 14級→12級へ
31 PTSD(外傷後ストレス障害)(30代・女性) … 後遺障害等級 非該当→14級へ
32 TFCC損傷(右手三角線維軟骨複合体損傷)(20代・男性) … 後遺障害等級 14級→12級へ
33 外傷性くも膜下出血(40代・男性) … 後遺障害等級 非該当→12級へ
34 中心性脊髄損傷(50代・男性) … 後遺障害等級 9級10号へ
 
  整形外科と接骨院
 
『整形外科の他に接骨院(柔整師)へ通院したい』ということを保険会社に伝えたところ、『どちらか一つにして下さい。』といわれ、その交通事故被害者は接骨院を選択しました。
理由は、マッサージをしてくれて気持ちいいから、整形外科は電気だけあててその他に何もしてくれなかったからと話しておられました。交通事故から半年経過したころ保険会社から示談したいので会いたいと連絡あったらしく、頚椎捻挫(むちうち)の症状は治まらないので『後遺障害認定の手続きをしたい』ということを保険会社に告げたところ『手続きができません』と言われましたという内容です。
*手続きには後遺障害診断書が必要です。

その理由をご説明しましょう。
整形外科には交通事故の翌日からから1ヶ月程度しか通院せずに、後の5ヶ月は接骨院(柔整師)だったからです。接骨院(柔整師:東洋医学)では症状固定という概念がないため、後遺障害診断書というものが存在しないからです。急いで整形外科に再通院したのは言うまでもありません。 接骨院へ通院するには病院の指示のもと通院するようにすれば安心です。 診察は整形外科でリハビリを接骨院でというようにするといいでしょう。その場合でも整形外科には週に1回は通院することを、お忘れずに!
このようなこと保険会社は教えてくれません。
 
お気軽にお問い合わせください。
マップ お問い合わせ
ページ先頭へ
リンクについて プライバシポリシー 法務関連リンク集 Copyright(C) 2009 行政書士福島法務事務所 All Rights Reserved.
お問い合わせ