交通事故の相談・慰謝料・損害賠償・示談・後遺障害 (神戸・兵庫・大阪)  行政書士福島法務事務所

 
交通事故SOS  
行政書士福島法務事務所
事務所について   お問い合わせ   TOPへ
 
交通事故被害者のために。
 
MENU
全国対応いたします。
メールでのお問い合わせ
 
重度後遺障害の方へ出張相談いたします
5つの安心をお約束します
相談料金について
今までの実例をご紹介
 
 
事務所の様子
 
行政書士 福島広三BLOG
 
事務所概要
 
  ごあいさつ
     
  事務所概要
     
  代表者プロフィール
     
  アクセス
     
  福島広三コラム
     
  事務所ホームページ
 
事務所概要
 
事務所概要
 
  事故原因の調査
     
  医療関係に対する照会
     
  後遺障害等級認定の異議申立
     
  自賠責保険請求書作成手続き
     
  政府補償制度の請求手続き
     
  損害賠償計算書の作成
     
  損害賠償額の異議申立作成
 
 
事務所概要
2つの事前検証について
 
事務所概要
 
お客様の声
 
 
参考情報
     
  損害賠償に関する専門用語解説
     
  交通事故に関するアドバイス集
     
  交通に関する専門用語集
     
 
参考情報
     
  交通事故後遺障害相談.com
     
  老人・高齢者の保証人代行
四つ葉のクローバー協会
     
 
 
 
 
ごあいさつ
当事務所では、交通事故業務開始以来、加害者や保険会社の対応の悪さに憤りを感じ苦しんでおられる交通事故被害者の方と数多くお話する機会がありました。交通事故で泣かされ加害者や保険会社に泣かされこれはまさに二次的被害であると痛感しております。『こんなことがあってはいけない。』『二次的被害にあわないためにできることは何か?』を考えさせられました。交通事故被害者の立場となれば誰しもが同じ気持ちになるはずでが、それぞれ立場が変わると人はその立場になってしまいます。
そのような観点から被害者の立場となり、もうこれ以上泣かされないために安心していただけるよう丁寧な対応を心がけています。
 
被害者の心構え
交通事故における示談交渉は、『彼を知り己を知れば百戦して殆うからず』が鉄則、まずは彼を知ることが肝心です。
『彼」とは交通事故におきかえると主に保険会社をさします。
酷なことですが、一度だけで結構ですから保険会社の立場になって考えて下さい。保険会社は営利企業です。したがって、保険金の支払を抑えにかかるのは当然のことといえます。

次に『己』つまり交通事故の被害者です。交通事故被害者は多くの不満と不安を抱えどうしても大なり小なり被害者感情があるのが当然です。しかし、示談交渉において最大の目的は『適正な損害賠償を受ける』ことです。
適正な損害賠償を受けるために、被害者感情を前面にだして交渉するのは非常に危険なことであり、自ら二次的被害を招くようなものです。大事なことは、その強いお気持ちをもってご自身の損害を勉強し認識することです。
 
課題は山積ですが、専門家に相談すれば大丈夫!
交通事故で人身事故の被害を被った場合様々な名目の損害賠償請求権が発生します。加害者が任意保険を契約している場合、通常は任意保険会社に保険金請求することになります、治療費はもちろん、看護料、通院費、休業損害、傷害慰謝料、後遺障害が残存した場合は更に後遺障害慰謝料、逸失利益、重度の後遺障害であれば将来の介護料、近親者慰謝料という具合に。

これらのものをどのようにして計算を組み立て交渉するか?示談交渉は主張と主張の論戦ですが、訴訟と同じように裁判官が納得できるような主張をしなければ、毎日数百件と案件を抱えている交通事故に精通した保険会社担当者には到底通用しません。相手が専門家なら尚更のことです。

有利に交渉をすすめるには本質を理解した上で交渉することが必要となります。
不幸にして後遺障害が残存した場合、その等級認定が果して正しいのか?等級が上がる可能性は?また、後遺障害の等級や後遺障害の部位、傷害名等によっても逸失利益を計算する上で労働能力喪失期間の求め方がかわりますし、それに同じ後遺障害等級でも職業によっても保険会社の労働能力喪失率の提示が変わることもあります。あるいは、個人事業主や主婦の場合の休業補償の問題等々。数えれば限りがありません。

後遺障害の手続をするには後遺症に関する知識と経験が必要ですし、保険金請求には個々の被害者の実情を知ることが必要です。それに、示談交渉には論理が必要となります。

その様な観点から当事務所では後遺障害認定手続から示談まで交通事故被害者を支援します。是非、一度ご相談下さい。
 
行政書士と交通事故業務について
弁護士は被害者の代理人となって示談交渉や訴訟で解決を図るのに対して行政書士は被害者の書類作成代理人となって解決を図ります。

分かり易くいいますと、全てお任せなのか二人三脚で頑張るかの違いです。全てお任せでない分比較的報酬も安価ですみます。示談交渉は被害者がおこなうことになりますが、きっちりした書面であればその必要もほぼないのです。また、ご依頼者と常に綿密な打ち合わせし十分にご理解していただいた上での書類戦術なのでご安心いただけるのと確信します。

交通事故は事故発生から解決までにプロセスがあります。事故直後からの通院に際しての注意点や医師との接し方、症状固定のタイミング、後遺障害診断書の作成の方法、後遺障害認定、慰謝料の認識、示談交渉、その時々の専門知識がいります。コミュニケーションを大切にして安心していただくように対応できるのが交通事故専門の行政書士です。
お気軽にお問い合わせください。
マップ お問い合わせ
ページ先頭へ
リンクについて プライバシポリシー 法務関連リンク集 Copyright(C) 2009 行政書士福島法務事務所 All Rights Reserved.
お問い合わせ