交通事故の相談・慰謝料・損害賠償・示談・後遺障害 (神戸・兵庫・大阪)  行政書士福島法務事務所

 
交通事故SOS  
行政書士福島法務事務所
事務所について   お問い合わせ   TOPへ
 
交通事故被害者のために。
 
MENU
全国対応いたします。
メールでのお問い合わせ
 
重度後遺障害の方へ出張相談いたします
5つの安心をお約束します
相談料金について
今までの実例をご紹介
 
 
事務所の様子
 
行政書士 福島広三BLOG
 
事務所概要
 
  ごあいさつ
     
  事務所概要
     
  代表者プロフィール
     
  アクセス
     
  福島広三コラム
     
  事務所ホームページ
 
事務所概要
 
事務所概要
 
  事故原因の調査
     
  医療関係に対する照会
     
  後遺障害等級認定の異議申立
     
  自賠責保険請求書作成手続き
     
  政府補償制度の請求手続き
     
  損害賠償計算書の作成
     
  損害賠償額の異議申立作成
 
 
事務所概要
2つの事前検証について
 
事務所概要
 
お客様の声
 
 
参考情報
     
  損害賠償に関する専門用語解説
     
  交通事故に関するアドバイス集
     
  交通に関する専門用語集
     
 
参考情報
     
  交通事故後遺障害相談.com
     
  老人・高齢者の保証人代行
四つ葉のクローバー協会
     
 
 
 
 
後遺障害等級に納得できない場合
納得がいかない場合は異議申し立てを。成功の早道をご説明します。
●後遺障害異議申し立てを検討しましょう
納得がいかなければ異議申し立てを必ず検討しましょう。正しい後遺障害認定を受けないと適正な損害賠償を受けることはできないからです。
 
●交通事故の遺障障害に詳しい専門家に相談しましょう
・ご自身で勉強してやる。○
・保険会社に相談する。×
・医師に相談する。×
・交通事故の後遺障害に詳しい専門家に相談する。◎

ご自身で勉強してやる方法も良いと思います。しかしものすごく大変です。認定を覆すには立証が必要ですから、それに費やす時間と精神力そして労力を考えると専門家に相談した方がいいと思いませんか?保険会社は慰謝料を低く抑えたいのですから、相談相手に適していません。
医師は治すのが仕事ですから、後遺障害認定には詳しくありません。
また後遺障害の認定基準すら知りません。 交通事故後遺障害に詳しい専門家に相談するのが最も早道です。交通事故と一言でいっても、損害賠償に詳しい行政書士や弁護士は沢山いますが、後遺障害に詳しい方はそういません。 治療を継続しても改善が認められない状態において残存する障害。交通事故では、1〜14級と非該当の15種類に分けられ、どの等級の後遺障害に当たるかの認定基準は労災の基準に準拠しているなか、素人考えの対応で取り返しのつかない損失を受けないためにも、後遺障害に詳しい専門家の手助けが必要です。 後遺症は長年の経験がないと判断が大変難しい内容です。当事務所では、後遺障害問題に精通した専門家が相談をお受けしています。どうしても、後遺障害等級に納得できなければ、異議申立しましょう。
異議申立に関する詳しい情報はこちらまで⇒交通事故後遺障害相談認定.com
 
●将来の介護料が増額する
重度後遺障害1級、2級、3級になると生涯介護が必要となります。例えば職業介護人に介護を委託すると、あくまでも目安ですが、1級です実費が請求できますし、家族介護の場合では1級で8000円前後、2級ですと4000円前後、3級だと3000円前後となります。介護料は一生涯のことですから、数千万円負担をしないといけません。重度の高次脳機能障害や脊髄損傷となってしまった場合、周囲の方が気をつけて日常生活を観察して、現在の等級に疑問があれば後遺障害に詳しい専門家に相談しましょう。
 
●搭乗者保険金が受け取れる
乗車していた車に『搭乗者保険特約』が付いていると、搭乗者保険金を受け取ることができます。後遺障害異議申し立てに成功すると更に搭乗者保険金もアップします。見落としがちな保険金ですので保険証券のチェックをしましょう。
後遺障害等についての詳しい説明はこちらまで⇒交通事故後遺障害相談.com
 
お気軽にお問い合わせください。
マップ お問い合わせ
ページ先頭へ
リンクについて プライバシポリシー 法務関連リンク集 Copyright(C) 2009 行政書士福島法務事務所 All Rights Reserved.
お問い合わせ