交通事故の相談・慰謝料・損害賠償・示談・後遺障害 (神戸・兵庫・大阪)  行政書士福島法務事務所

 
交通事故SOS  
行政書士福島法務事務所
事務所について   お問い合わせ   TOPへ
 
交通事故被害者のために。
 
MENU
全国対応いたします。
メールでのお問い合わせ
 
重度後遺障害の方へ出張相談いたします
5つの安心をお約束します
相談料金について
今までの実例をご紹介
 
 
事務所の様子
 
行政書士 福島広三BLOG
 
事務所概要
 
  ごあいさつ
     
  事務所概要
     
  代表者プロフィール
     
  アクセス
     
  福島広三コラム
     
  事務所ホームページ
 
事務所概要
 
事務所概要
 
  事故原因の調査
     
  医療関係に対する照会
     
  後遺障害等級認定の異議申立
     
  自賠責保険請求書作成手続き
     
  政府補償制度の請求手続き
     
  損害賠償計算書の作成
     
  損害賠償額の異議申立作成
 
 
事務所概要
2つの事前検証について
 
事務所概要
 
お客様の声
 
 
参考情報
     
  損害賠償に関する専門用語解説
     
  交通事故に関するアドバイス集
     
  交通に関する専門用語集
     
 
参考情報
     
  交通事故後遺障害相談.com
     
  老人・高齢者の保証人代行
四つ葉のクローバー協会
     
 
 
 
 
示談後の損害賠償請求について
支払い後の賠償請求は原則不可能。ただし、条件付示談書なら可能性があります。
●支払いが終わった後ですが損害賠償を請求できますか?
原則できません。ただし、条件付示談書なら可能です。
示談書に「自賠責で○○等級以上の後遺障害が認定になった場合は別途協議する」(条件付示談書)と一筆書いておくことによって、将来予測困難な障害が残ったとしても損害賠償を請求ことが可能です。
 
●でも現実は難しい…
前述の様に一筆書いたとしても、保険会社からすると『事故との因果関係がない』などと、かなりの抵抗をするでしょうから、示談前にきっちり後遺障害認定を受けておくことをお勧めします。
※後遺障害認定に関する詳しい情報はこちらまで⇒交通事故後遺障害認定.com(むち打ち・後遺症認定に関して)

時間が経てば経つほど事故との因果関係を証明するのは難しくなりますので、体に異変を感じたらなるべく早めにご相談下さい
 
●時効の問題
■不法行為による損害賠償請求権の時効は症状固定ら3年。
ただし、損害賠償額の提示があれば承認となりますので、その提示の日から3年となります。
■自賠責の被害者請求権の時効は症状固定日から2年となります。
ただし自賠責ら後遺障害認定を受けた場合は、その認定日から2年となります。
つまり条件付き示談をしても、自賠責の時効が成立すると損害賠償請求権も消滅することになりますので注意が必要です。
それなら自賠責に関係なく『事故との因果関係がある後遺障害が後日発生した場合は別途協議する』とすればどうでしょうか?論理的には自賠責の時効が成立しても、不法行為の時効が成立(3年)していなければ可能ですが、至難のわざです。無用なトラブルを避けるためにも早めの相談が一番です。
 
お気軽にお問い合わせください。
マップ お問い合わせ
ページ先頭へ
リンクについて プライバシポリシー 法務関連リンク集 Copyright(C) 2009 行政書士福島法務事務所 All Rights Reserved.
お問い合わせ